Month: July 2019
射精コントロールにはPC筋を鍛える

PC筋を鍛えることで、自分自身で射精コントロールができるという理論があります。 最終的には下半身の筋力が鍵になっていき、これはストレスから来る頻尿治療にも共通していく問題です。 一例として日常生活(通勤途中など)の中で鍛えることも可能であり、日々の積み重ねが大きなポイントにもなるのです。 また早漏のトレーニングにも使えるノウハウであるため、人生を変えていくためにもあきらめずに頑張っていくようにすることが必要であります。 さらに、自分自身で最終的な目標を定めていくようにするということも忘れてはならない項目です。 目標があることによって頑張ろうというような気持ちにもなるため、こうした内容は大事です。 ネットではこういった項目は頻繁に紹介されていることから、悩んでいる人は一人ではないということも理解できます。 性関係の問題は根本からきちんとエクササイズしていくことで、最高の結果を得るヒントにもつながっていくのです。 したがって、PC筋を鍛えるということは尿の出方をコントロールしていくということにもなるのです。 そして、この世に格段に改善されていく効果があるということで、希望を持ち続けることも可能になっていきます。

2019年07月30日
セックスの騎乗位は射精を遅らせられる

セックスを行う際に、男性側が抱える悩みの一つに早漏があります。 早漏は、なかなか自分の意志だけでコントロールすることはできません。 そのため、セックスの時に少しでも射精を遅らようと、色々と試す人もいます。 セックスを行う時に、色々な体位でセックスを楽しむことがあります。 色々な体位はありますが、早漏対策として有効な体位は騎乗位と言われています。 通常正常位でセックスする時のほうが男性主導で行えるので、射精のコントロールができると思われます。 しかし、騎乗位は射精を遅らせるための最適な方法として期待が持てるのです。 その理由としては、女性が上に乗ることによります。 騎乗位は女性は主導になって腰を動かすので、男性がコントロールわけではありません。 しかし、女性が主導になることで男性が動かさなくてはならないというプレッシャーから解放され、リラックスができるため、早漏がしにくくなる効果があります。 もし騎乗位で女性に腰を振られている時に射精感を感じたら、自ら女性の腰に両手を持って、一旦止めさせるという行為を繰り返し行うことがコツです。 この行為を繰り返し行うことによって、徐々に射精を我慢するトレーニングが身についていきます。

2019年07月04日